ラビッツSDGs宣言

ラビッツ・コーコは、人と人とのつながりを大切にして、「人づくり、ものづくり、ファンづくり」を使命とし、「誰もが笑顔でイキイキと生きて行かれる社会」を目指しています。
そのひとつとして、“持続可能な開発目標”を掲げるSDGsの趣旨に賛同し、私たちが出来る事から一歩ずつ活動し実現に貢献します。
私たちは、SDGsの下記6つの目標実現に向けて、健康指導者の方との連携により、健康ケアの研修及び啓蒙活動において、誰もが笑顔でイキイキと暮らせるよう貢献していきます。また、ラビッツ村にご登録の全国の方々と共に、本当の声を届けながら実現に向けて応援していきます。

SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略称のことで、日本語で言えば、“持続可能な開発目標”。
SDGsとは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。(出典:外務省公式サイト)